dTV(ディーティービー)|メリット・デメリットを比較

メリット・デメリット記事一覧

dTVはdocomoが関連している動画配信サービスになり『低価格・配信数・安心』が特徴的です。

『継続して利用していきたい・とにかくたくさんの作品を見たい』などを動画配信サービスに求めている方にオススメですので、本記事ではdTVを利用するメリット・デメリットについて解説していきます。

\たった3分の簡単登録/
>>>dTV|無料お試し体験はこちら

dTV(ディーティービー)とは

  • 総配信数が約120,000本以上
  • 月額550円(税込)
  • 字幕・吹替の変更可能
  • 映画・アニメ・ドラマなどジャンルが豊富
  • ダウンロード機能あり
  • テレビ視聴機能あり
  • 年間契約などはない

dTVでは国内でリリースされている動画配信サービスの中でも”最大級”と言われるほどの配信ラインナップが特徴的です。(約120,000本)

テレビ局が運営しているサービスではないため、地上波で放送しているドラマなどのラインナップは少ないですが”映画・アニメ”などを特に見たい方にオススメです。

中には劇場版で放映されている映画のスピンオフ動画がdTVで独占配信していますので、より深く作品の魅力を感じることができます。なおかつ、スピンオフ動画は基本的に見放題になっていますので追加課金をする必要はありません。

追加課金をすることで最新の映画などを一定期間レンタルすることができます。

dTV(ディーティービー)|メリット

  • 月額料金が安く継続して利用しやすい
  • 配信数がとにかく多い
  • ダウンロード機能が利用できる
  • テレビ視聴機能が利用できる
  • docomoが関わっているため安心して利用できる
  • 即日解約できる
  • 31日間、無料で体験できる

dTVのメリットはなんといっても『月額550円・ラインナップ数が約120,000本』という点です。

国内でリリースされている動画配信サービスは平均で1,000円〜2,000円ほどの料金がかかりますので、dTVはその中でもかなり安く負担を少なく利用できるサービスと言えるでしょう。なおかつ、約120,000本もの配信数を誇っているため飽きることなく動画視聴を楽しむことができます。

配信ラインナップは毎週のように増加しています

各種機能においても”ダウンロード機能・テレビ視聴機能”が使い放題になっていますので、好きな場所で通信量を気にすることなく動画視聴ができ、自宅のテレビで気楽に動画視聴をすることができます。

月額料金が安いだけでなく飽きることのない配信数・各種機能の使い放題はdTVのメリットと言えるでしょう。

無料お試し体験は初めて利用する方への限定キャンペーンになります。

dTV(ディーティービー)|デメリット

  • テレビ局が放送するドラマなどのラインナップが少ない
  • 同時視聴機能が利用できない
  • 漫画・雑誌が読めない
  • 有料作品に利用できるポイントなどが付与されない

dTVで配信している動画には国内のテレビ局で放送しているドラマなどのラインナップは少ない印象です。”TBS・日本テレビ・テレビ朝日・フジテレビ”など地上波で人気のドラマ・バラエティ番組は基本的に満足するほど見ることはできないでしょう。

ですが、最新のドラマ以外の作品がラインナップされていることもありますのでゼロではありません。

各種機能では”同時視聴機能”が利用できない為、デバイス2台以上で同時に動画を見ることができないので”1人でdTVを利用する”といった利用方法になります。

なお、雑誌・漫画のラインナップはなく有料作品には課金をする必要がありますので、”動画視聴”のみのサービスになります。U–NEXTなどの動画配信サービスでは毎月ポイントが付与されますがdTVでは”ポイント”といった制度がないため利用する方によっては月額料金以上に費用がかかるかもしれません。

なお、漫画・雑誌のラインナップはないため”動画配信”のみのサービスとなっていますので電子書籍を利用したい方は『U–NEXT・FOD』という動画配信サービスを利用しましょう。

dTV(ディーティービー)|メリット・デメリットを比較

  • 月額料金が安く継続して利用しやすい
  • 配信数がとにかく多い
  • ダウンロード機能が利用できる
  • テレビ視聴機能が利用できる
  • docomoが関わっているため安心して利用できる
  • 即日解約できる
  • 31日間、無料で体験できる
  • テレビ局が放送するドラマなどのラインナップが少ない
  • 同時視聴機能が利用できない
  • 漫画・雑誌が読めない
  • 有料作品に利用できるポイントなどが付与されない

上記のようにdTVのはメリット・デメリットがはっきりしており、目的に応じて利用しやすいサービスとなっています。

『なるべく料金を低く動画配信サービスを利用したい・見放題作品が多い方がいい』という方にオススメですが、最新の映画などを見たい方は追加課金をする必要がありますので理解した上で利用しましょう。

dTV(ディーティービー)|最大のメリットはラインナップ数

  • ういらぶ。
  • 任侠学園
  • 仮面病棟
  • 冬の華
  • 劇場版 進撃の巨人
  • マトリックス
  • モンスターホテル
  • 未来のミライ
  • グーニーズ
  • エージェント・ライアン
  • ザ・シューター
  • MIU404
  • 刑事ゆがみ
  • 緊急取調室
  • 最高の離婚
  • 新参者
  • 中学生日記
  • 恋が下手でも生きてます
  • 下町ロケット
  • 闇金ウシジマくん
  • 名探偵コナン
  • 弱虫ペダル
  • 東京リベンジャーズ
  • キングダム
  • 僕のヒーローアカデミア
  • 呪術廻戦
  • 七つの大罪
  • BORUTO

上記の配信ラインナップは2021年7月時点のものになりますが随時更新され総配信数は増え続けている状態です。

国内の動画配信サービスではU–NEXTが配信数 約240,000本になり最大級になりますが、デメリットとして月額料金が2,189円となり少し高めになります。逆にdTVなら月額550円で約120,000本もの作品がラインナップされていますので”安く多くの作品を視聴できるサービス”と言えるでしょう。

dTV以外にもdocomo関連のサービスとして”dアニメストア”というサービスがあり月額440円で利用できるためどちらも負担を少なく利用することができますので、総合的な動画が見たいのか?アニメ専門で見たいのか?で選ぶといいでしょう。

まとめ

dTVのメリット・デメリットについてまとめてきました。

  • 月額料金が安く継続して利用しやすい
  • 配信数が約120,000本もあり、飽きにくい
  • 即日解約できる
  • docomoが関わっているため、安心して利用できる

dTVに加入するには”dアカウント”の作成が必要になりますが、2,3分もあれば簡単に完了します。なお、docomoのスマホを持っていないソフトバンク・auユーザーの方でも利用することができますので気軽に利用してみましょう

\たった3分の簡単登録/
>>>dTV|無料お試し体験はこちら

コメント